シオハラさん・歌フェスの感想

シオハラです。

歌フェスが終わりました。

今回は参加人数が多く、会場も混みあっていましたが、時間の経過とともに人数が減り、最終的には普段より少ない数になりました。その割に何か変な疲れの残ったフェスでした。

先生もおっしゃっておられましたが、いつも参加しているメンバーのパフォーマンスが地味に底上げされている感じがしました。トリを取ったジン君、新婚ほやほやのしおりちゃん、潜在力の高そうなくすはら君、イラストのお上手なY・エリさんなど、声の響きが以前より確実に良くなっていたように思います。

そして圧巻のパフォーマンスを見せてくれたのはモカちゃんとハルナさんでしょう。高校を卒業したばかりのモカちゃん、リハーサルではおとなしめの印象を受けまして、美人のお母様にそういうと、
「手抜きをしているんです」
とのこと。モカちゃんにその言葉が伝わったのか、本番ではリハとは別人かと思われるほどの迫力を見せてくれました。

・・・おいおい、待てよ。ってことはリハの時と本番のパフォーマンスを自在に使い分けられるってこと??

まいったな、昔からいい時と悪い時の差が激しくて困っている私と、そこまで技術に差があるってことか・・・。なんかつらいな。

ハルナさんはまぁ「お見事」としか言いようのない出来でした。モカちゃんとハルナさん、そしてT・エリさん、この三人の技術は本当に素晴らしいものだと再確認させていただきました。至極のひと時でした。

最後に今回が一応最後になるらしいルミちゃん、今だから言えますが、初めのころのスッカスカだった歌声が、とても豊かに響くようになってビックリです。私の大好きなリファちゃんの「春風」をうたってくれて、思い描いていたよりもはるかに上手に、気持ちよく聴かせていただき、本当にありがとうございました。路上ライブ活動をするとのこと、頑張ってくださいね。

歌に限らずどんな技術でも上達するには時間がかかります。できる限り練習を続け、みんなでうまくなっていけたらいいですね。頑張りましょう。

ではまた、悲しい歌を歌おうとしたらマイクが入っておらず、思いとは裏腹に笑いを取ってしまったシオハラでした。
それはそれでおいしいからいいんだけどね・・・。

 

最新情報をチェックしよう!